読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てつのいた:仮題

見切り発車

なかなか続かんね

思い出しながら

 

1/18

前日帰って寝て起きるだけで出校
どうにもこうにも
なんか浮ついてるというかそういう感じがこの日あたりから抜けない

 

1/19-22

思い出せない

 

1/23

喉の痛みを抱えつつ出校
セミ中鼻水止まんないのはやばい
ミーンミーンズビークションみたいな

考え方の違いの露呈
タスクの分担はどうでもいいというか、全体で遂行できればそれでいいと感じる僕ら
分担に重きを置く教員
その辺に差を感じた

調子も悪かったしさっさと帰った

 

1/24

一日寝てた

 

1/25

出校
試験
やることやって帰ってきた

 

1/26-27

一日寝ていた

 

風邪は...一応回復模様

広告を非表示にする

生きて帰れた

come back, alive

 

1/16

夜中7時(主観的な評価)までに必要量の6割を作る
3時間寝てセミへ
構成メンバーの不登校がふたり
みーんみーん

自分の番が終わったあとは眠気も無くなったのでふつうに
終わったあとに不登校がきてサシ飲みしたいねーとか話したり
お酒飲んでテンション高めの雑談してお酒飲んで0時半に寝た

 

於研究室

 

1/17

とても幸せだった頃の夢を見た
起きた瞬間に研究室にいることに気が付いた
正直昨晩のテンションのままそのあたりを転げ回りたかったが起きた

残りは後で書く

広告を非表示にする

結局人生の勝敗を決めるのは根性論なのかもしれない

悟ったようなことを書いてるときはだいたい何かに追われている時
実はこんなものを書いてる場合でもなんでもない

 

1/13

国会図書館
近未来感があったが利用と手続きの面倒さはさすがのお役所というか
リサーチ不足なりに目についたもの回収してきた

帰りは新橋にでも繰り出そうと思ったが思いの外遅くなってしまい断念
代わりに半蔵門線の通勤ラッシュに揉まれながら渋谷へ
春日亭の油そば食べて少しだけ遊んで帰宅

 

1/14

自宅で過ごす
遅起き早寝とはいえ作業量0は天才的なのではなかろうか

 

1/15:成人の日(旧)

相変わらず夕方まで遊んで暮らす
明日はどうやらゼミ発表らしい

これから資料作る
俺の明日はどっちだ

 

-----

 

冷静に考えて、最近遅くとも午前3時には寝ている人間がこれから資料を作ろうというのはまずい
もう同じことを数回経験しているが、どうして先に済ませようとしないか
理由はいくつかあって、
・周りのほぼ全員のモチベーションが低いこと
・周りの一人のモチベーションが高すぎること
・論文の探し方が下手なこと
・ゲームに熱中していること
あたりだろうか

自分が心から飛び込めるテーマでないこともあるが、それにしても研究のモチベーションが低すぎる
もう今は楽に修士卒の称号を得ることしか考えていない

確率に振り回される人生

とか言ってるとどんどんペースは落ちる
別に書かなきゃ...って思ってまで書くものでもないけれどね

 

1/8

取るに足らない
非常に疲れた

 

1/9

どうも捗らないまま自宅で1日過ごした

 

1/10

出校

連絡係に任命される
聞き専のゼミは非常に退屈
途中退室したら怒られた

矛を収めるために和解していた事実の発覚
絶対に許さない

 

1/11

シーリングライトが届く
旧品を箱詰めしてから出校

`(しょぼーんの右の眉)、Shift+@
囲んだものを実行結果として変数に代入

雲丹ほんと難しい
でもネットワークとかハードウェアはできるようになりたい

 

1/12

いまのところ自宅
みりあが出ない

前職と同じ業種でアルバイトをするか悩む

今日中に必要文献まとめて明日発注する
↑今のところやってない
今やらないと週明けヤバい

とりあえず今からシーリングライト発送して夕食

-----

残りはグラと雀

Drasticな夢を

1/7

起きるが部屋の照明が点かない
不貞寝しててもシーリングライトは直らないので再度電話
週明けに交換してもらえることに

フーリエさんは何を思ってフーリエ変換を思いついたのか」とかいう謎のメッセージが届く
私に言わせれば数学ってのは謎で、実際の事象ではなくあくまで数値を扱うものでありながら、フーリエをはじめとした数学史に名前を連ねる人々は何かしらの事象を通して数学的な発見をしているように思える
つまり「自称数学の研究者」は、よっぽど他の学問にも明るいか、あるいは数学に利用されているだけの人間なのではないかという見方ができる
なんて回答を送るはずもなく、「あいつら頭のネジたくさん飛んでるからね」って送るあたりは、私が目指すところである世間一般のバカな人間っぽい

左手親指を強打する事故を起こす

キセルのおっさんに遭遇した
自分の改札通過に続行されて改札鳴らされたのでビビった
どんなに遠くから乗ってても精々500円程度なのになあ
おっさんは直後に宝くじ売り場へ

他人に迷惑をかける人間が不幸になりますように
そんなこというと私も不幸になるね

広告を非表示にする

影を落とす

物理的に

 

1/6

早起きしたが部屋の照明(アイリスオーヤマ製)が点かない
仕方がないので1時間ほどネットサーフィン
そのあともう一度スイッチを操作したら点いた

雑用を片付けに郵便局へ
印鑑を忘れるボーンヘッド
あとアイリスオーヤマのサポート含めいろいろなところへ電話
この時点では自身の操作の不手際を疑っていた

牛めしを食べ帰宅
部屋の照明が点かない
寝ることにした

広告を非表示にする

書き始めは大抵なんだかんだで続く

まあどうせいつか飽きる

 

1/5

せっかくの休暇なのに(近所と)有明以外に外出した記憶が無いので下北沢へ
降りた事自体小田急が地下を走るようになってからは初めて
南口を出てみたが既視感しかなかった
案外数年じゃ町並みなんぞ変わらない

昔数度入った記憶のある、正午前にもかかわらず客の一人もいないラーメン屋でラーメン・白飯・餃子を食らう
特段美味くも安くもなかったが、辛くないと感じられる柚子胡椒に出会えたのが収穫
ippudoだと辛すぎていつも残してしまうので

昔馴染みの(大仰)遊び場へ
良くも悪くも若者の溜まり場であることは変わらなかったが、再開発のあおりをこれから受けたりするのだろうか

初めて行く遊び場へ
正月早々に行ったのに懲りない
ワンツー刺さりまくったけど生還

すっかり日も暮れてしまったので貝柱春菊天を食べて上機嫌で帰宅
のつもりが
駅前に[wishing you happy holidays!]とかいう文言のChristmas風Illuminationが未だに点灯していた
いつまでやるんだろうか、とっくに私の心は吹き荒ぶ風の如く冷たい

-----------

続くかどうかは未定